相互リンク

seo対策を施すことで、サーチエンジンの検索結果の上位に位置し、アクセスアップを目指すと言う手法は、今やトップランキングのサイトにおいては必須となり、日夜、激しい競争が続いています。

競合となるライバルサイトに、追いつけ、追い越せのseo対策合戦は留まる事を知らず、今日も相手を上回るために、サーチエンジンが捉えやすいキーワードを積み重ねていきますが、残念ながら何事にも限界があります。

seo対策を含めたウェブサイトを設置しているサーバーには容量の限界があり、キーワードを増やし続ければ、いつかそれ以上保存できなくなる日が来ます。

アクセスアップ

また、昨今ではスマートフォン、タブレットなど、パソコンと比較してスペックの低い環境からのアクセスが増大しており、過大なキーワードの読み込みに時間がかかるばかりではなく、メモリの限界を超えて読み込みに失敗する事があれば、アクセスが滞り、本来の目的であるアクセスアップにブレーキがかかるのであれば、本末転倒です。

そのようなケースの方策として生まれたのが、相互リンクという発想です。1つのサイトにseo対策のための全てのキーワードを記述するのではなく、例えば、相互リンクされた2つのサイトに分けて記述する事で対応して行きます。

検索結果

ひとつのサイトに記述できるキーワードの限界が1000であるところに、2000のキーワードを利用したいと考えた場合、サイトAに1000、サイトBに1000、という形で分けて記述して行きます。

そして、サイトAとサイトBを相互リンクでシームレスに繋ぐ事により、あたかもひとつのサイトであるかのように振舞う事で、実質ひとつのサイトで、2000のキーワードを利用できるのと同様の役割を果たす事ができます。

今やひとつのサイトですべてのseo対策を担わせるのは限界に近付きつつあり、相互リンクのような手法は、seo対策が新たなフェーズに入った事を表す象徴的な例です。

検索回数    キーワード     被リンク     アクセス解析     sem対策  

Twitter    見出し     hタグ     キーワードプランナー    相互リンク