見出し

seo対策として、まず一般的に行われるのは、サーチエンジンから検索されやすくするために、ひとつのページにいくつものキーワードを記述する事です。

サーチエンジン

しかし、これはあくまでもサーチエンジンに搭載されている、あらかじめ組み込まれたアルゴリズムによって動作するに過ぎず、最終的には、それを見たユーザーが、能動的にリンクをクリックをしてウェブサイトまで辿り着き、閲覧をしてもらうところまで、導かなければ意味がありません。

究極は、スクリプトやアプリケーションに機械的に訴え、作用する事ではなく、人間であるユーザーに、リピーターになってもらう事で、大きな効果が期待できます。

リピーターであれば、こちら側からアプローチをせずとも、ユーザー自らがウェブサイトに訪問し、おのずとページビュー数が上昇し、さらなる収益へと繋がって行きます。そのためのひとつとして、ウェブサイトに見出しに、seo対策のキーワードを入れるという方法があります。

ウェブサイト

理想は、コンテンツの内容を示す見出しと、キーワードが一致している事で、集客目的を前面に押す出す事無く、自然な形で記述できるのも、大きなメリットです。

また、ユーザーがその見出しのコンテンツの内容に共感したり、ファンになったり、お得な情報があると感じ、またそのウェブサイトに訪れたいと判断したときに、seo対策という意味での、リピーターになってくれます。

一度リピーターになってもらい、後はポータルや、インデックスとなるページにブックマークをしつつ定期的に訪問し、新着の見出しを見つけては、また新しい情報や、お得な情報を得られると感じながらクリックしてもらうところまで行き着けば、それこそが究極のseo対策と言えます。

 

検索回数    キーワード     被リンク     アクセス解析     sem対策  

Twitter    見出し     hタグ     キーワードプランナー    相互リンク